自然化粧品&健康食品の株式会社ピリカインターナショナルジャパン

TOP > 会社情報 > トップメッセージ

CORPORATE 会社情報

トップメッセージ -TOP MESSAGE-

代表取締役会長 佐藤桂一

代表取締役会長 佐藤桂一

ピリカの考える「本物志向」心の底から感動できる商品を世界から

ピリカは設立当初より「本物」にこだわる姿勢を持ち続けてまいりました。本物とは一体何でしょうか。まず、使ってきちんと結果が出ることが大事です。目的に照らして効果を実感でき、納得できる。だからこそ使い続けたくなり、大事な人に勧めたくなるのです。同時に、製品づくりの過程で地球の生態系を壊さないこと。また中身の成分が公開でき、容器まできちんとリサイクルできることも重要です。

哲学を備えたものづくりから生まれる真の美・健康・安全な製品の提供

私たちは企業理念としてこうした姿勢を貫き、自社製品はもちろん、同様の信念をもつメーカーとだけ提携しています。たとえば「食べられない化粧品は作らない」という哲学を持つドイツのスキンケアメーカー・ボーリンド社がそうです。ボーリンド会長の強いこだわりが強く反映されたものづくりは徹底しています。ドイツ南部「黒い森」の天然ミネラル水を配合し、天然由来の原料だけを使用。その製品性は高く評価され、化粧品業界において数々の権威ある賞を受賞しています。また第三者機関の認定の中でも、大変厳しい認定条件をもつ「エココントロール」において、スキンケアメーカーで唯一認証を受けていることからも分かります。また私たちは、生活環境の変化や高齢化社会に向け、今後ますます必要となる各種サプリメントも多数扱っています。そうした本物の製品を生み出すメーカーには、理想を追求する生産者のみが持つスピリチュアリティがあります。環境への深い理解と配慮、真に持続可能・サステナビリティな精神から、本物の製品がうまれるのです。

変化するライフスタイルに必要なグローバルな視点と精神性のある商品を

化粧品やサプリメントは、ロハス・健康で持続可能なライフスタイルへの入り口であり、良い商品を通して感動や出会い、豊かさをもたらします。からだとこころの両面にストレスや不安がなく、自然とともに生きる、そうした信念がすでに愛用者の皆様に伝わっている実感とともに、さらにいっそう大きな輪を広げるべく、ピリカは飛躍してまいりたいと考えています。

代表取締役社長 佐藤祐一

代表取締役社長 佐藤祐一

現代人のライフスタイルを応援し時代にかなう価値ある商品をお届けしたい

商品は私たちが伝えるメッセージそのものです。ピリカは世界中から情報収集し、きちんと結果の出る本当に良いものであり、時代に合っているということも必要な要素としています。例えば、現代人のライフスタイルに合わせ、自社オリジナル商品の「エシーレ」ブランドを大きくリニューアルしました。スキンケアのL2シリーズは、2ステップという少ないアイテムで肌に必要なスキンケアが完了し、価格も消費者の方に充分納得していただけるバリューに見合った設定にしました。世代や性別を限定せずご年配の方からお子様まで、あるいはご夫婦でお使いになれる、肌にやさしく負担のない、結果に満足できる商品です。また、偏りがちな食生活やストレスフルな暮らしに対応するための栄養補助として、天然原料100%のサプリメントも豊富な種類で揃えています。特に女性向けとして、“ウーマンズサプリ”といわれるピクノジェノールなどはぜひ活用していただきたいサプリメントです。
また、私たちが扱う商品に通じるキーワードをあげるとすれば「ユニーク(unique)」「天然(natural)」「本物(originality)」。高品質で天然由来の原料を使用し、容器も自然環境に配慮したものであること、提携するメーカーも実績のある会社であり、品質管理はもちろん、動物由来の原料を一切使っていないなど、こだわりと哲学を持つ商品のみを扱っています。時代に合わせながらも決して流されず、価値あるものをお届けする、そしてマザーアース、母なる地球への影響を配慮し、近い将来に売上の一部を還元し、さらに社会貢献につなげていきたいと考えています。

美と健康、そしてチャンスを。あらゆる女性の味方でありたい

また、私たちはあらゆる世代の女性たちを応援しています。日々忙しく働いている方、家族の健康をあずかる子育て中の方、子供が手を離れて再び自由な時間を多く持てるようになった方。ピリカの商品を通して体の内と外からきれいになり、さまざまなチャンスをつかんでいただきたい。現代は、消費者が商品を選別する時代です。中身がすべて公開できて嘘がない、本当に良いものは必ず伝わります。人と人の触れあいに流行はありません。世はインターネットの時代ですが、アナログとデジタルの良いところをマッチングさせた相乗効果のある商品づくりに今後も取り組んでいきたいと考えています。